スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
しましまちゃんは検問中
誰もただじゃ


kennmon.jpg





通さない




kennmon2.jpg



しましまちゃんの名前はみーこ

実を言えば、この子を拾った時
まどかという名前を付けようかと思ったのです。

でも、私が拾った初めての猫で
なぜか当時、みーこ、の方が逞しく育ってくれそうな気がしたのでした。

ある梅雨の時期に、窓の外から子猫の鳴き声が聞こえてきました。

その頃は、仕事で一ヶ月とか家を空けることがあったので
とてもじゃないが飼えないと思っていました。

よそのお宅の塀の中から聞こえてきたので
おうちの人が保護するかなとか思い

なるべく聞かないようにしていましたが
姿の見えない子猫は
雨の中、1週間ほどでしょうか
鳴き続けていました。

つまり、私は1週間、聞かないようにしていたのですが
耐えられなくて、とうとう塀の中を覗いてしまったのでした。

すると
なんということでしょう
世にも可愛いしましまが
ちんまり座り、助けてくれよと鳴いている

というわけで私とミーコは夢のような1年ほどを過ごしたのですが
とうとう仕事で長旅にでなければならなくなりました。

ある程度大人になったら、体力がついたら
野良に戻そうとか甘いことを考えていましたが
そんなことが出来るはずもなく
私は彼女をキャリーバッグに入れ

新幹線に乗り込んで
母のもとへ里子に出しました

ごめんねごめんねみーこ

実家は岩手の山奥にあったのですが
その後みーこは反抗期を迎えたのか
はたまた野生の血が目を覚ましたのか
2週間も山をほっつき歩く強者になり
母と私はなんども神様にお祈りしたものです

最近になって、腰に骨折のあとがあるのが分かったのですが
一体どんな経験をしたんでしょうね

ともあれ、私が育児放棄をしたせいか
かなりの個性派に育ちました。

こんなんですが
ものすごい寂しがり屋で
人の心を鷲掴みにするのであります。

母の亡き後
こうしてまた一緒いることになり
色々な成り行きとはいえ

遺してくれたものの大きさに感謝しています。


よろしくにゃん。










恵まれないブロガーに愛の手を…

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
2015 / 06 / 21 ( Sun ) 11:58:47 | けむくじゃらご紹介 | Comment(0) | トップ↑
<<教育現場の現状 | ホーム | ぴのです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。