スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
ちょっと ごめんよ

曇っていたから、ソファーに寝転がった。
(散歩時間に誰も賛同しなかったのだ。)

このところみーこが(しま)甘ったれで
しょっちゅう側にいる。
側にいて、他に近づく者たちを威嚇するもので
一番被害を受けているのがぴの(しろ)だ。

夏だろうが安定の乗っかり頻度で
私の腹で寝ていられる
奇特な猫なのだ。

寝っ転がった時
みーこは冷蔵庫の上の籠に収まっていた。
ぴのがソファーに近づく気配がした。

見るとぴのが「いい?」という顔をしている。
「おいで」というと腹の上に納まった。

納まったのは良いが
晴れてきた。

晴れたのなら布団を干したい。
10分ほど様子を見て
そろそろいいかなと、ぴのをずらした。
ずらされると片手を伸ばして縋り付いてきた。

半分腹から落ちた状態で密着し
頑なにそこで寝ようとする。
ゴロゴロとまで言う。

引きはがして、ごめんよ。

布団を干して、納豆を買いに行って帰ってくると
陽のあたる羽根布団の上で
極上の顔をして寝ていた。

そんなもんさ




hanene.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

関連記事
2017 / 12 / 21 ( Thu ) 11:38:29 | 瑣末な事件簿 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ツリーの天使 | ホーム | 会いたかったよ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dearmp.blog.fc2.com/tb.php/406-80f877e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。