スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
なくしちゃったから

銀ちゃんが箱と話していると
泣き声がした


hako2.jpg



銀ちゃんは箱に「おとうさんだ」といった
「おとうさんは 大切な誰かを なくしたんだ
だから ときどき泣くんだ。」

箱が言った「悲しみはとても辛いけど いつか甘くなる。
甘い悲しみは お父さんを強くするし しあわせにするよ
無くしてしまって泣くほどの出会いは そんなに沢山ないからね。」

「でも」銀ちゃんは言った
「おとうさんが泣くと 僕は苦しい。」

箱は「その苦しみは おとうさんが泣かなくなるまで続く。
きみは おとうさんから離れるか
苦しみ続けるか 選ぶことが出来るよ。」

「ぼくは おとうさんから離れるほどは苦しくない」
銀ちゃんは自分にいった。

「そんなら君の苦しみは きみにとって大切な苦しみなんだ」
箱が言った。







にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



関連記事
2017 / 12 / 18 ( Mon ) 16:41:59 | 箱くん | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<痛いだけの悲しみ | ホーム | 箱に会う>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dearmp.blog.fc2.com/tb.php/395-66adefe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。