スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
まどや
まどや
ときどき
ここへ書くことが

お前に向けて書くことが
とても虚しい行為だと
そう思います

お前の写真を飾った部屋で
私はそちらを見ないようにしたり

一呼吸してから
じっと見つめてみたりします

さて、今日はあの部屋で
みーことぴのを遊ばせた後

(それは非常に難しいことでした
みーこをじゃらすと、ぴのが飛び込んできて
みーこはむっと止めてしまうし
ぴのをじゃらすと、みーこが
ふうん・・・いいけどみたいな顔をして)

お前の写真を見ましたよ
そして「おいで、まどや」
といって抱けないことが
やっぱりどうにもやりきれません

でも、今日はそんなことじゃなくてね
寒くなったもんで、みーこ専用だった膝を
ぴのも狙うようになり

さっきとうとう、ぴのがいるのに
みーこが膝に無理やり座ろうとしたのです

ぴのを威嚇するわけでなく
ただ、私は慌てて腕でぴのを抱き上げて
膝を空けました

そのまま、どの位でしょうか
一人と二匹、団子になっていました

わたしはね
寂しいとか
どうにもならないとか

そうして
何も手に付けずにぼんやりと毎日を過ごしているということで
おまえという存在の死を
穢したくないと思いました

今日は
ちゃんと着替えをし、髪もそれなりに整えました
そして、いつでもぴのやみーこが外へ出たいときに
見張れるように
日焼け止めをしました

お散歩のために、朝はまず日焼け止めって
決めてたのにね
随分サボりました

それでも
やっぱり買い物に出れないかもしれない

わたしが生まれつき
ちょっとサボり屋だから

もう
寂しいって言わないよ




愛してます



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
関連記事
2016 / 11 / 04 ( Fri ) 10:01:09 | 手紙 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
<<銀次郎、救世主となるか!? | ホーム | 夜さん、お手紙。ヤギじゃないから食べちゃわないでね。食べてもいいんだけど。>>
コメント
タイトル:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
名前: : 2016/11/07 20:02 : [ 編集] | トップ↑
タイトル:Re: タイトルなし

正にその通りです。
銀次郎を迎えて愕然としました。
傷は全く痛みを変えません。
でも、まどに出会ったことが本当に奇跡のような幸せだったのだ
という思いは日に日に大きくなり、なんとか頑張れそうです。
昨日やっとカレーを作りました(笑)
睡眠の方は、病院にいってお薬を貰ってしまいました(ずるっこ)。
カレーを作れたのは、銀次郎という小さな命を必ず幸せにする!
と、腹に力が入ったからかなと思います。
そして、今朝は銀次郎のことを書いておこう、
とブログを開き、ゆきさんからのメッセージを読んだら
このところ悩んでいた40肩だか40首だか
ぎりぎり痛んでいた首から肩までの痛みがなんだか軽くなったみたいです。
不思議なことですが、とにかくありがとうございます。
15年ですか。
本当にそうですよね。
きっと、一生付き合う出会いと別れなんだろうと思います。
そういうことって、あるんですね。
グミの木、素敵でしょうね。
赤い実、可愛らしいですよね。

名前: oops4 : 2016/11/08 09:51 : URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dearmp.blog.fc2.com/tb.php/360-2062c8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。