スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
あまりにも・・・
ひとはなんて少しのことしか知らないままで死んでしまうことか。
私は私の見たこと、経験したこと、学んだことしか知らずに死んでゆく。

自分に見える世界しか信じないのはあまりに欠けている。
私には、私の知らない、知りえない世界がある。


私は差別を受けたことがある。
私は不安定で、助けられて生きている。
これらのことは
私にとって宝物だ。

そうであることで始めて出来る経験があるからだ。
分かる真実があるからだ。


標準的な体でなかったり、知的に大多数の人と違い、誰かの助けが必要な場合があるだろう。
その人は何かを達成したとき、私にも生きる喜びを教え、伝え、与えてくれる。
私が心を砕いた分よりずっとずっと多くの世界を私に与え続けるだろう。
世界はそういうことでやっと回っていくのだ。
自分とは違うものに出会って初めて自分が知らないことを知る。
それは奇跡だ。






あまり過激に何かを追及し、断罪するより
自己防衛のあまり恐怖に取りつかれるより
まず、単純な幸せを考えた方がいいのじゃないだろうか。

卑屈になってはいないか
押し付けられた価値観に人生を歪められてはいないか
逃げなければ解決しない立場や環境に追い詰められてはいないか。

そうして、その問題を解決するのは
何かを責めることではなく
学ぶことだったり
救いを求めることだったり
愛情を育むことだったり
当たり前のことを当たり前と思わないことだったり
違う道を模索することだったりするのではないだろうか。








にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
関連記事
2016 / 09 / 09 ( Fri ) 20:36:12 | 飯炊き女の覚書 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<暇つぶし | ホーム | まどかとの約束>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dearmp.blog.fc2.com/tb.php/329-de48fc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。