スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
命懸け
目やにで目の開かないちび達が
生き延びられるかどうか

うちの母がいつまで穏やかな日を送れるのか

そんな毎日だった

あまりにこの頃のことを覚えていないので
その頃陣中見舞いに来てくれた
門番にどんなだったか聞いてみると

目の見えないちびが、変なところに入っていかないように
ケージに入れてたと言われ
少し思い出した

拾った頃の母はまだ抗がん剤にそこまで参っておらず
痛み止めも効果がよく出ていた



近所の温泉に行く道すがら
こんなことでもなければ
帰ってこれなかったのだから
病気で一緒に暮らせることも
神様がくれた時間かもなどと話し合い

このまま病気と上手く付き合う道が開けるならば
ここにずっといるからと
約束した

この子達の写真は
半分は母の撮った写真だ


これを写しているとき
幸せでしたかと、思う


uba8.jpg















読んでいただいてありがとうございました
なんか、長々とすみませんでした








応援よろしくお願いしますm・・m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村





元野良猫・保護猫ランキングへ




にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
にほんブログ村


関連記事
2015 / 07 / 15 ( Wed ) 08:30:47 | ちいさな奇跡たち | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<目やにを溶かせ! | ホーム | 悲劇の王妃>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dearmp.blog.fc2.com/tb.php/164-a4d7de87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。