スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
夜さん、お手紙。ヤギじゃないから食べちゃわないでね。食べてもいいんだけど。
あんねぇ

わたし、ちゃんとできるかな

こんなものを
自分として神様から頂いて

だめかもしんないなぁ

だめだけど
それでいい


それでいい
それが
私の祈りの場所になるんだろう

あしたもだめかも知らん

だめだけど
生きれば

そのうちには信じられないほどの
輝きに遭遇するだろう


ちょうど
みんなの命と
この目
この体
この命で
共に過ごしたように


だから、わたしは自分にゃ最後まで付き合わんと
どうしょうもない自分こそが
神様がくれた宝物なんで
投げ出さないことこそ
あの素晴らしい命に出会ったことなんだ


少しだけ深く息を吐きだしてみれば
もうすでに
奇跡は起きてるんだもんなぁ


そして神様
もう少し落ち着いたら
私は改めて
ある命に出会わせて下さったことに対して
ありがとうって言うね



と、神様に言うのは少し気恥ずかしいので
忙しそうだしね


夜さん、かいつまんで神様に言っといてくださいな






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016 / 10 / 31 ( Mon ) 18:19:27 | 手紙 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
それぞれの時間
karaoke2.jpg
枝発見!




karaoke3.jpg
おふくろさんよ おふくろさん





karaoke4.jpg
雨の降る日は~




karaoke5.jpg
傘になり




karaoke6 - コピー
雪の降る日は~




karaoke7 - コピー
ぬくもりを~




karaoke8 - コピー
お前も いつかは




karaoke9 - コピー
世の中の~ 
傘に!なれよと!
教えてくれた





あなたのあなたの 真実~




miyo.jpg
     






           忘れは しない









にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村







2016 / 10 / 31 ( Mon ) 16:50:54 | 飯炊き女の覚書 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
キャバクラ嬢 X(エックス)
時代が混迷を極めるとともに
夜のスペシャリストたちも巨大な組織に見切りをつけ

心を癒す本物の技術を持つフリーランスが活躍し始めた


あるスペシャリストをご紹介しよう

彼女はとある店に派遣として入り
一夜にして
その店を変え
ミスX、と呼ばれるこことなった





彼女はなぜそんな偉業を成し遂げ得たのか
私は潜入取材をしてみた

nok.jpg
「いらっしゃい」


出迎えはしおらしく
至って普通であるかに見える



しかし
nok3.jpg
「やんのか こら」





おさわり

致しません。









カラオケ

nok4.jpg
「上野発の夜行列車降りたときから~」



放しません




nok2.jpg
「マイクはとらないでぇ」







作りません



では
なぜそんな彼女がNO,1になるのか!?






nok5.jpg
「どこみてんのよ」





どこだろうね?







にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

2016 / 10 / 31 ( Mon ) 11:34:52 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
白猫ちゃん初キャバで無銭飲食!
musen.jpg
ぬぬ




musen2.jpg
あやつ来たな




musen3.jpg
とぼけた白い猫




musen4.jpg
みたらとっつかまえてよ




musen5.jpg
ん?





musen6.jpg
なんかみんなが 俺の美しさにみとれてる






―きみ、指名手配中よ







にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2016 / 10 / 31 ( Mon ) 08:26:20 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
新しい一日
わたしがこんなに不甲斐ない日々を送っていると
案外それに負けないくらい
ぴの助も不甲斐ない

みーこさんはといえば
これまた結構おかしなことになっていて

おい、こら
遊べ!なんて
新しいことを始めた

さっすが長女
でも、あなたのこと、心配よ

もともと一人っ子タイプだったくせに
さらりとポジションを取られてしまう
しかも猫となじまない

孤高の猫になってしまう

まどがいなくなったら
おまえの天下かと思っていたら
寂しいぴのが
全く私から離れない

でも どうやら君たちは
新たな日々の過ごし方を
見つけ始めたようね

ぴのに構ってみたりして
結構やるじゃない
みいちゃん

寝床の中は
ぴのに取られがちだけど

膝の上は死守してるもんね
立ち上がらなきゃならない時
ものすごい声出すの、やめてくんないかなぁ

やかんが噴いてるのに
おまえまで
ふんぎゃあっていうと
あたし笑っちゃう





にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2016 / 10 / 31 ( Mon ) 06:30:18 | 飯炊き女の覚書 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
みーことぴの
暖かいね
ぴのが外へ行けば
みーこがご飯を食べ

みーこが外へ行けば
取り敢えず俺も行く、と
またぴのも外に行く

わたしも静かに寄り添うからね

なんて優しい命なんでしょう
あなたたちは





にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2016 / 10 / 29 ( Sat ) 09:54:21 | 飯炊き女の覚書 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
残酷だ
日が過ぎ
手紙を書くことすら出来なくなってしまった

死を受け入れると
そのあとは日常が待っている

失ったものが大きい
そのことを思い知らされる
日常

もう
悲しんでいない
手紙を書こうとすることが
悲しみへのプラグで
私はもう
そこへ差し込むものを
まともに見られない

ただ
残酷だ
毎日が残酷だ

悲しいと泣ける方が
まだましだったのかも知れない




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2016 / 10 / 29 ( Sat ) 09:43:09 | 飯炊き女の覚書 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
恐妻家
kyaba.jpg
「あああ 俺もキャバクラ 行ってみたいな」









にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2016 / 10 / 27 ( Thu ) 07:07:57 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
ほんとだよね
suteki11.jpg
「むぅ」




suteki21.jpg
「こいつ動かんぜ 母ちゃん」




suteki41.jpg
「さあ どっからでもかかってこい」






―なんと ふがいのない葉っぱのヤツめ








suteki5.jpg

「ほんじゃ 次行ってみよ」





あのね













suteki111.jpg



       まど   生きた












生きたよ すっごく

そう

生きているのと死んでしまったのの差が
どこにあるのか
そんな差はないんじゃないかというくらい












にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2016 / 10 / 27 ( Thu ) 02:58:42 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
まどかへ
穏やかな日だねぇ
まどか

あの日の夜の驚き
恐怖を
おまえの経験した瞬間を
わたしに下さい

穏やかな日だねぇ
まどか

かわいらしい筋肉とぷりぷりのおしり
肩に手

ヘッドライトの中で
おまえはまだ
行き着く先を見ていただろうか

そうではないんだろう
その時きっと
片方しか見えない目で
強い光をまじかにみて
全身のしなやかな筋肉は
それを避けようとしただろう

そうじゃない
ただ見えていない目の方から車が来て
金色の目に入ったのは暗い楽しい夜の藪だけで
ただ
辿り着いたのが
もっと遠いところだった

かあちゃんに
痛みと恐怖をください

穏やかな日だねぇ
まどか

一緒にいよう
もう 怖くないよ




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2016 / 10 / 26 ( Wed ) 15:01:34 | 手紙 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。