スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
手紙
この世界のすべてが
おまえにはきらきらしていたんだろうね
朝の散歩
楽しかったね

箱も
トレーナーも
スーパーで何を買おうか考えた道も
全部おまえの姿とともにあって

あたしはしばらく
心を閉ざしておくしかなさそうだよ

ドアを閉めておかないと
全て刺激が強すぎて

最後の散歩の澄んだ空気に
おまえは溶けたまんまで
もう
私に助けを求めて
可愛い声を聴かせてくれないんだ

聞こえるような気がするのよ
鳴いてくれてるのかな

自分の悲しみより
あんたがあんなに楽しい毎日を
あんまり早くやめてしまって
そんなんで良かったの
もっと散歩したかったんじゃないの

車が当たる前
怖い思いをしないで
ただこれから行こうとしている
道を渡った先の楽しいことを考えていただけで
あっという間に
気が付く前に
命を無くした

そうならいいと思うけど

怖かったろうね
寂しくはないよね
いいこ
いいこ
大丈夫だよ
抱きしめてるから

きらきらの散歩道
きらきらのまどか
おまえの箱
おまえのこたつ
おまえのかあちゃん


スポンサーサイト
2016 / 10 / 13 ( Thu ) 21:40:52 | けむくじゃらご紹介 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
しましまちゃんは検問中
誰もただじゃ


kennmon.jpg





通さない




kennmon2.jpg



しましまちゃんの名前はみーこ

実を言えば、この子を拾った時
まどかという名前を付けようかと思ったのです。

でも、私が拾った初めての猫で
なぜか当時、みーこ、の方が逞しく育ってくれそうな気がしたのでした。

ある梅雨の時期に、窓の外から子猫の鳴き声が聞こえてきました。

その頃は、仕事で一ヶ月とか家を空けることがあったので
とてもじゃないが飼えないと思っていました。

よそのお宅の塀の中から聞こえてきたので
おうちの人が保護するかなとか思い

なるべく聞かないようにしていましたが
姿の見えない子猫は
雨の中、1週間ほどでしょうか
鳴き続けていました。

つまり、私は1週間、聞かないようにしていたのですが
耐えられなくて、とうとう塀の中を覗いてしまったのでした。

すると
なんということでしょう
世にも可愛いしましまが
ちんまり座り、助けてくれよと鳴いている

というわけで私とミーコは夢のような1年ほどを過ごしたのですが
とうとう仕事で長旅にでなければならなくなりました。

ある程度大人になったら、体力がついたら
野良に戻そうとか甘いことを考えていましたが
そんなことが出来るはずもなく
私は彼女をキャリーバッグに入れ

新幹線に乗り込んで
母のもとへ里子に出しました

ごめんねごめんねみーこ

実家は岩手の山奥にあったのですが
その後みーこは反抗期を迎えたのか
はたまた野生の血が目を覚ましたのか
2週間も山をほっつき歩く強者になり
母と私はなんども神様にお祈りしたものです

最近になって、腰に骨折のあとがあるのが分かったのですが
一体どんな経験をしたんでしょうね

ともあれ、私が育児放棄をしたせいか
かなりの個性派に育ちました。

こんなんですが
ものすごい寂しがり屋で
人の心を鷲掴みにするのであります。

母の亡き後
こうしてまた一緒いることになり
色々な成り行きとはいえ

遺してくれたものの大きさに感謝しています。


よろしくにゃん。










恵まれないブロガーに愛の手を…

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2015 / 06 / 21 ( Sun ) 11:58:47 | けむくじゃらご紹介 | Comment(0) | トップ↑
ぴのです。
ぴのくんは?重くないの?




omoi4.jpg




omoi5.jpg
「まぁ」


omoi6.jpg
「すこし」





ぴのは母が拾った子で、まどかのおじちゃん?あたりの親戚です。

ある日、実家のうらに、真っ黒い猫がきまして
母がその子に、わかめちゃん、と名前を付けご飯をあげるようになりました。

そのうちわかめちゃんが、カツオ君を連れてくるようになりまして
あっというまに、岩手の山の実家のうらは
わかめファミリーの根城となったのでした。

数が増えると、体の弱い子が出てきます。

それがぴのくんでした。

ぴのくんは臆病で、ファミリーに戻りたくて
なかなかな人にはなつきませんでした

でも、猫団子に潜り込めなかったので
だんだん家に落ち着くようになりました。

ぴのくんは耳垂れと鼻水がひどかったのですが
抜歯して、鼻水の方は治り
耳もだいぶ改善されました。

今も毎日点耳薬しています。
調子に乗って、あんまり長く外遊びをすると悪化します。

まどかとたびとうずらを拾ったとき、ぴのくんは
調子が悪いのに3匹の面倒をみました。

ぽややんで、優しい子です。

今は家事手伝いが趣味で
何をするにもお手伝いしてくれます。

よろしくにゃん。












恵まれないブロガーに愛の手を…

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2015 / 06 / 21 ( Sun ) 11:43:34 | けむくじゃらご紹介 | Comment(0) | トップ↑
まどかです。
まどかちゃん、重くないの?



omoi.jpg
「ん?」



omoi2.jpg
「・・・・」「はいほぅ」



omoi3.jpg
「重い」




まどかは、実家で母の看病をしている時に拾いました。

他に2匹、うずらちゃんとタビちゃんという子がいたのですが
力が及ばず、早いお別れをしました。

3匹で飛び回る姿が、すい臓がんという現実から、母と私を
救ってくれました。

栄養失調だったせいか、まどかは目がくっついてしまっていて
毎日クリームや抗生剤でお手入れ
痛かったろうと思います。

ある時、左目をマッサージしているとひどく鳴いて
出血。

癒着しかけていた膜が剥がれたのだろうと後で先生が仰りましたが
私はびっくりしてワナワナしました。

でも、目が見えたとたん、ぴょーんと飛び回って
本当に嬉しそうに、踊っているみたいでした。

忘れられません。

右目は間に合わず、今でも見えません。



一番年下の甘ったれです。


よろしくにゃん












恵まれないブロガーに愛の手を…

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2015 / 06 / 21 ( Sun ) 11:15:52 | けむくじゃらご紹介 | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。