スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
闘病中の食事の変化
きのう、かつおの刺身を食べていて思い出したのですが
寿美ちゃんはお刺身が大好きでした

普段はカリカリでした

痛み始めてからあげたのは
最初は柔らかい缶詰

缶詰をなんだかあまり食べなくなったのは
結構早かったです

口に張り付くものの方が痛いのだと教わりました
a/d缶などの栄養食は全然食べず撃沈

次に缶詰をぬるま湯で溶きましたが
これもお気に召さず。

それで今度はお刺身を耳かきですくえるくらいに
ちぎってやると暫くはいい顔をして食べてくれました

発見してからここまでが一ヶ月くらいだったでしょうか
疼痛に効くという痛み止めをあげていました

刺身を口に入れる度に手で口をこしるようになり
今度はカリカリをぬるま湯でふやかしてあげると
わりと上手に食べられました

このあたりで痛み止めをガバペンチンに変えました

最初は一日二回です

ご飯を楽しめるようになり
ピュリナワンをそのまま食べるようになりました

ふやかしたのはもうやだよん、といった感じ

薬の効き目が短くなり、いつもの2分の1の量を
朝晩の投薬の間にあげるようにすると

また復活

夜から朝にかけての量を変えず
時間を短くし
途中、夕方に一度追加する感じです

補液をすると
食欲も元気も増したようです

少し痛みが和らげば
カリカリが一番食べやすそうでした

食べる量が減ってきた時に
高カロリーなシーバを食べてくれてとても嬉しかったです


では、ぶりぶりの寿美子さんをご紹介


おうおう、早くうまいもん食わせろやぃ

姥屋敷 236






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
2015 / 07 / 08 ( Wed ) 10:38:45 | 寿美子さんが癌と戦った記録 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
寿美子の症状(動画)
―最初に
弱っているので、辛い動画です。





この動画が、ほかの子のためになってくれればと思います。

寿美子の癌の最初の異変はくしゃみが立て続けにおこって気づきました

いつものくしゃみと違うと思ったら参考にして下さい

くしゃみのところはほんの少ししか映ってなくてすみません

気が付くとほかのメンツも夕涼みしていました


[広告] VPS




痛み止めが切れてきた時の様子です
痛みが出始めると口に手をいれてもがいていました

初めのうちは本当に、何かお手入れをしているか
骨が引っかかったくらいにしか思っていませんでした

実際にはくしゃみが出始めたころから
これも始まっていたように思います

口の中の様子は
抜歯後の傷の治りが少し遅いな
という時です


[広告] VPS



寿美子の病気との私の向き合い方が
寿美子にとってよかったのかどうかは
自分が同じ痛みで死んだところで
分からないだろうと思います

一つだけ良かったと思っているのは
ガバぺんチンという痛み止めに出会えたことです

最後の方は投薬量もかなり増え
死んだときは
薬のせいで心臓が弱くなったのではないかと
思いますが

それでも
癌ばかりが進行し
ずっと心臓が頑張るのを
見ていられなかっただろう思います


最後の最後まで痛みを緩和してくれました

処方してくださった先生に感謝してもしきれません




寿美子、本当にがんばってくれてありがとう

天国ではママとゆっくり寝てください

本を読んでる飯炊き女の母ちゃんの横でごろごろいって
たっぷり手を噛んでやってくださいね。

母殿、寿美ちゃんのことよろしくお願いします。










にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ




2015 / 07 / 08 ( Wed ) 10:00:27 | 寿美子さんが癌と戦った記録 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
ありがとう
s27.jpg


s21.jpg


s20.jpg


s31.jpg


もう苦しくないなんて、最高じゃないか?
寿美ちゃん、風、気持ちいいでしょう







にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
2015 / 06 / 20 ( Sat ) 15:48:48 | 寿美子さんが癌と戦った記録 | Comment(0) | トップ↑
記録 10月
10月1日から、8am.1/2 6pm.1/4 10pm.1/2で薬をあげてみる。夕方からカリカリをよく食べ、調子が良さそう。

10月2日朝も一緒に起きだしてきた。明け方も痛がらず。
特にぐったりした様子もなし。

10月4日から7日出血に塊があり。ひどい。

10月7日食べられない。出血が増える。
トイレにうんちあり。

10月8日オシッコのみ。夜、出血がひどい。
補液の後少し起き、食べようとする。食べられず、外へ出て水を飲む。

10月9日出血あり。
こたつから出ようとして倒れ、自分で起きられず、鳴く。
少しオシッコが出ているようなのでトイレに連れて行ったが出ない。
落ち着いて鳴き止む。
朝までは台所の椅子まで歩いて来れたが。
何度か痙攣したようだ。足の筋肉がピクピクする。
舌がずっと出たまま。血に塊がある。

ここからは後日書き留めた記録。

10日。9日にこたつから出ようとして倒れて以来、ぐったりしていた。
ときどき歩くが、腰がふらつく。
補液。こたつの毛布を上げて、オシッコシートをしいて出勤。
帰宅した時、玄関近くで手足を伸ばして倒れていた。
ドアを開けると、ギャーっと鳴いた。
舌が出ていない、呼吸が荒い。
様子見ていたら少し落ち着いて膝に乗ったが、呼吸が荒い。
鼻を拭いたが、そういう問題でなく、息を吸い込むのが大変そう。
深く吸い込む。表情はとろんとした感じ。時折ひどく苦しそうで、先生に電話。
連れていくにも途中で死んでしまいそうな気もするし、どこかが特に苦しいというのでもない。
まだ薬が効いているような感じ。病院に行くのはやめる。

6:00pmに薬4分の1投与。呼吸が楽になったようだ。
自分で体勢を変えられないので
ずっと抱いて、歩きたそうなら腰を支える。
投薬の後立とうとしたので支えてやるとオシッコをした。
時折目が見えていないのか、意識がないのかということもあったが
意思の疎通が取れて、どちらへ行きたい、というのが分かった。

旦那帰宅。
テレビを見ているき私の膝の上に乗ろうとして頑張って歩いた。
旦那がなでると尻尾を振った。
名前を呼んだり、話しかけると反応した。
10pmころ、ガバペンチン投与。
そのあと台所の方へ行こうと、立とうとして最後のオシッコ、良かった。
11:00pmくらいからさらに辛そう。
ぐったり、息が荒い。もうほとんど腰を動かせない。

夜中から、暖かいところ、柔らかいところを嫌がる。
時折歩こうとするが、助けてもすぐ寝る。体制を変えたかったのか
その後もがくようにする。
背中を撫でたら足を上にあげたが
腹を見せるというより、動きたいがその向きにしか動かないような。

(その後、心臓が苦しかったのではないかと思っています。)

呼吸が辛そうなので、ガバペンチンを2:00amに4分の1
少しとろっとしたので私も5:00amまで寝る。

5:00同じ場所に同じ姿勢。
6:00絶えず動き始める。床の上を転がっている。どこにいても辛そうなので
膝に乗せて動きたい方に手を添えた。

顔を腕に押し付けて少し落ち着く。
よく朝まで持ったと思うくらい呼吸が深く、息を吸うのがしんどそうだった。
7:00頃から定期的な痙攣、ひゃっくり。
水分が足りないのかと補液した。
ひゃっくりがひどくなって、心臓のせいだと気づき、補液をやめた。
旦那がトイレに入ってすぐ、顔をひきつらせてヒィーといった。
3回ほどそれを繰り返し、止まった。
死んでしまったのかと心臓を触ると、もう一度同じ息をした。
旦那が出てきて、寿美子を撫でた。
顔つきが穏やかになって、2回痙攣した後、もう動かなくなった。




私達が揃っている時に逝くなんて、なんて優しい子だったんだろうと思います。
我がままで、好き放題だと思っていたのに。
私は、また置いていかれて、とてもさびしいです。



こんなことをなんで書きたかったんだろうと思いますが
寿美子が闘病中、と、いうか、飼っている動物が病気になった時
人間はものすごい選択を迫られます

どの選択がいいのか分からない。

私がした選択の結果をお伝えして、今悩んでる方の参考なり
助けになればいいなとは思うのです。

また、寿美子を可愛がっていた母が
これを読んで二人とも頑張ったと言ってくれるといいなと思いもします。




一緒に読んでくださった方
ありがとうございました。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2015 / 06 / 20 ( Sat ) 15:36:35 | 寿美子さんが癌と戦った記録 | Comment(0) | トップ↑
記録 8、9月
8月26日
薬に慣れてきたのか、元気に歩いたり、爪とぎ、外に出て草をしゃぶる。
シーバを食べる。そんなに痛がらず、半袋一度に食べる。
一日で一袋くらいか。水を飲んだので、補液はしない。

s27.jpg

9月2日まで
日に1回か2回、ひどいくしゃみをする(そうすると血が出る)以外はほとんど口をがりがりせず。
薬をやって30分くらいでうっとり。
3~4時間くらいすると割と普通の寝方。だいたいシーバ1日2~2、5袋。水も飲む。補液なし。
8月25日くらいから2回ほど太いよだれがあった。

9月2日 粘着性のよだれ、血が混ざる。
また口を引っ掻くようになった。

9月4日病院で補液。炎症が少し引いたとのこと。コンべニア注射。
夜、よく食べる。注射のおかげか。あごの泡よだれ無くなる。

9月6日昨日はほとんど食べられず。朝、鼻から血が出ていた。
くしゃみする。
5:30くらいからかなり痛がるので、早めにガバペン6時に。
7時ころまだ痛がる。5:00pm痛がり出す。6:00pmガバペン。食事少量。水少し飲む。補液。

8日ヨダレ少し多い。寝る訳でもなく、あんかの上でじっとしている。
夜補液。その前にシーバ3分の2袋。

9日補液、休み。
シーバ3袋くらい食べた。
具合は良さそうだが、口の赤い範囲が広がり、真ん中の穴が深くなった。

10日7pmにひどく痛がるので一時間早くガバペン。
1日何も食べていない。鼻(左側)にかたい部分がある。
夜補液。補液後シーバ1、5袋食べる。

11日7pm痛がる。夜シーバ1袋

15日炬燵出したら嬉しそうに寝る。まどかが入っても怒らない(薬のせいか)
まどか、寿美のこと舐めてあげる。

16日毎日だいたいシーバ1~2袋、水沢山飲む。
薬が切れる1時間前くらいからくしゃみ、出血、痛みが始まる。
オシッコ、ウンチは補液の翌日がいいようだ。
夕方診察。ガバペン1日に2分の1袋に増量してもらう。
19:40投薬。20:00に痛み治まり外へ。30分くらいして帰ってきて寝た。
カリカリ嬉しそうに食べたが、水を飲もうとして皿ごと倒れてしまう。
水の容器を平たいタッパーにした。

17日。16日の夜からグタっとして体に力が入らないようだが、トイレ、ご飯、水は歩いて行った。
自分で体位を変えている。一安心。7:45、まだ痛がらず。

20日よく食べた。3袋くらい。こたつに血の染みが2か所。大きい。
あとは概ね気持ち良さそうにしている。お腹の上でのびてごろごろ。
こたつでお漏らし。

21日あまり食べず。

24日ずっとあまり食べず。左目を閉じていることが多い。

26日am4:00夜の薬を吐いてしまったのか、ものすごく痛がるので追加。
27日17:00→28日7:00→17:00投薬
29日am5:00痛がるので早めに投薬。
水、食事が減って来た。水を飲むのも痛そう。

30日ここ1週間ほど、朝ご飯のときに膝に乗るとか、布団に入るとか、細かく動かなくなった。
今日は外に出た。

s24.jpg

左目から黄色い眼やに。病院に行くので、眠くなるよう6:00pm早めに投薬したら
10月1日明け方、4:00ものすごく痛がる。
4分の1量投薬。10分しないで落ち着いて寝た。









にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2015 / 06 / 20 ( Sat ) 14:01:43 | 寿美子さんが癌と戦った記録 | Comment(0) | トップ↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。