スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
木立
mori.jpg




滝沢村(現在滝沢市)の家に越してからの絵です

私もそうなのですが

母は大変引越しを沢山した人でした

最後に住んでいた滝沢の家は
彼女が自分で大まかな設計をし
長年の夢だった
広いアトリエを持つことが出来ました

私はもう
実家を出ていました

再婚相手と母で暮らしていましたが
その結婚も挫折

再婚、離婚という道の選択にも
やはり私の存在は影響しているのかな

なんて
今になると思います

私は再婚相手の父と
小学生の手前から
岩手を出るまで一緒に住んでいましたし
随分面倒かけたよな
と思います


人間関係って面白いものですね
自分の手に負えない相性
というものが
あるのだと思います


長いことかけて
構築しようとした人間関係でも
手放したほうが
健康的なこともあると思います


作品を作るとき
どんなに頑張って作ってきたものでも
自分が思っているのと違うなら
一からやり直す
一旦ここまで書いたものを消す勇気が
必要だと母に言われたことがあります

心の中には正解があり
それはゼロにならないんですね






mori2.jpg








応援よろしくお願いしますm・・m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

ペットのお薬最大70%オフ!



スポンサーサイト
2015 / 08 / 08 ( Sat ) 13:47:13 | 花丘 游民の絵 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
あじさい(絵画)
ajisai.jpg




私が学校から帰ると
母は大抵作業場にいました

ご飯を作る頃にはクタクタで
一杯引っ掛けて料理

ある授業参観の日
「ママ行けない」
と豪語し
私が了解して出かける姿を見送り

何を思うのか
授業が終わってリクリエーションも終わる頃
親からのプレゼントをちゃんと持って

振り向いた私に
いたずらっぽく手を振りました


母は
そういう人でした







今日は広島に原爆が落とされた日
私の父はアメリカ人です

もう戦争なんて
起こりませんように

亡くなった命
苦しみ
悲しみに
安らかでありますよう
お祈りします

ajisai2.jpg




応援よろしくお願いしますm・・m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

ペットのお薬最大70%オフ!

2015 / 08 / 06 ( Thu ) 10:43:56 | 花丘 游民の絵 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
ほおずき(絵画)
houduki3.jpg




花丘 游民

若い頃の絵です


私が5歳くらいの頃に
母は一度目の離婚しているのですが
その頃の絵じゃないかと思います

絵をみると
若々しく
果敢に人生に挑んでいるような
そんな感じがして

ま、あたいも生きてみますわ
なんて気になりますな


あの頃、こんな感じの色合いが
多かったような


覚えちゃいないのですが
懐かしい色です









houduki2.jpg



















応援よろしくお願いしますm・・m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

ペットのお薬最大70%オフ!

2015 / 08 / 04 ( Tue ) 10:13:39 | 花丘 游民の絵 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
蔦と猫(絵画)
tuta20.jpg






tuta2.jpg
「ん?」



tuta3.jpg
「んっ!?」


tuta7.jpg
「ふぅむ」


tuta11.jpg
「こっちなら」



tuta12.jpg
「見えますか?」



tuta14.jpg
「あたちはまどかです」



tuta15.jpg
「・・・・」



tuta16.jpg
「おねむ?」



tuta17.jpg
「あそぼ 別に名前なんかいいよ」








母と私が盛岡市内に住んでいた頃の絵です。

ねこは「久美子」という
姐御肌のかっこいい猫でした。

わたしは子供の頃
忙しく絵を描いていた母の代わりに
久美子に教育して貰ったようなもので・・・



一枚の絵を描くのにやたら時間のかかる母が
すぐ動く猫を作品に仕上げるのは珍しいことです(笑)


お花を摘んできても
描きあがる頃には
いつも枯れた花になって

バケツの水を
花を動かさずにかえるのに
細いホースで水を吸う手伝いをさせられたり

ホース選びにつき合わされたりして

なんせ
面白い人でした

いっそ抽象画の方が
モデルが枯れたりしなくていいんでない
と、よく言われてましたが

自然の中にあるものに感動しているので
その対象を
感動を受けた通りに
描きたいのだと
言っておりました。




色がぜんぜん綺麗に撮れません

かなしいです


観て下さりありがとうございます
応援よろしくお願いいたします。







にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

ペットのお薬最大70%オフ!




2015 / 07 / 31 ( Fri ) 09:31:21 | 花丘 游民の絵 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
夕空と月と木(絵画)
sugitototuki3.jpg




この絵を描いたのは

花丘 游民(はなおか ゆうみん)

1946年 生
2013年 没

岩手県盛岡市で生まれ
亡くなった時は滝沢市に住んでいました。


飯炊き女の母ちゃんであります。




時々当ブログでご紹介させて頂きます。
気に入った方は
どうか応援をよろしくお願いします。





実物の色はもっといいです。










sugitotuki2.jpg





にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

ペットのお薬最大70%オフ!

2015 / 07 / 30 ( Thu ) 14:52:39 | 花丘 游民の絵 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。