FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
新たな技
niwaki5.jpg



銀ちゃん:「ちょっと ちょっと。」

父ちゃん:「どちたの。」



niwaki6.jpg

銀ちゃん:「ぽぅ!」



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2018 / 07 / 26 ( Thu ) 06:44:26 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
埴輪くんの自分年金
白猫ちゃんがきじ白ちゃんにidecoとnisaを進められて
あれこれインターネットをいじくりまわしていたある日
道端に遮光式土偶が落ちていた


syakou.jpg

と、思ったらしましまちゃんだった

syakou8.jpg

ねえさんはやっぱしお宝年金?
縄文時代じゃ、まだ年金なかった?

知ったばかりの知識をひけらかしてみたかった
白猫ちゃんがidecoとnisaの説明をすると



syakou2.jpg


現代語で話せ

埴輪男

と言われた

syakou6.jpg

・・・・。


idecoは確定拠出年金の愛称で
掛けた金額が、普通の年金を払ったときと同じように
売上から控除される


経費を引いて300万の所得の独身自営業は
基礎控除38万
社会保険や色々保険を払ってその分を控除しても
それで終わりだ
民間の保険は控除されるが上限がある。


国民保険料は組合やら地域やらで差があるわけだけど

ま、30万として

青色申告をしたとして
(65万控除)

3000000-380000(所得税基礎控除額)-300000(国保)-650000(青色申告)
-170000(年金)
=1500000
住民税は基礎控除が33万なので1550000

ここにそれぞれ税率をかけると
所得税5パーセントとして1500000×5パーセント=75000
住民税10パーセントとして1550000×10パーセント=155000
事業税は経費を引いた金額から2900000を引くけれど、青色申告をしていれば
65万も引けるのでなし。


すると生活費に回せるのは2770000程。
月額23万くらいだ。

ま、暮らせる。(リッチだなこの人。)
じゃ、そこから貯金をしてみよう
ひとりものなら2割として月5万貯金することにしよう
残りは18万。
これを仮にidecoで貯めると年60万控除が増えるので
所得税は900000、住民税は950000にかかり計135000程。
事業税は変わらない。
すると、何ということでしょう
生活費に回せるお金が年間で95000円増えるじゃないですか(涙)


加えて、運用益にかかる税金を免除されるので
お得だね!
と言うのが確定拠出年金。
でも、60歳までは下せなくなるので
なけなしになるまでかけちゃ大変だよ!
というわけで好きな時に使えて
20年間、運用益に非課税の積み立てnisaも検討に値する。
住民税も所得税も減らないけど。


仮に10年間月50000円を貯蓄に回せたとして
それを年利6パーセントの運用が出来たなら
年60万で貯めた貯蓄は
600万ではなく800万になる

もし、年間9.5万節税出来ていたら10年で95万の節税だ。

でも運用に失敗して減る可能性だってある。
800万を目指して400万で60歳を迎えるかも知れない。

二十歳の若者が始めたのなら、40年で9000万になるかもね。
ということは、小さなお子さんがいるご家庭では月10000円
子供が成人するまで何らかの形で投信にかけて
同じく6パーセントを目指すなら20歳のころに460万ほど渡してあげられる。



syakou1.jpg



つまり、自分のケツは自分で拭けと?
シビアですね
しましまちゃんは空を仰いだ

でもね
誰だって子育てで生活に困ったり

年取って生活に困ったり



体や精神や
社会生活のスキルが現代に合わないことはある

そんなときに自己責任を問うより
緩く行きたいじゃないか

許してくれよ
そういう人間を

だから、立場が違う人同士が社会保障を奪い合うような
そういう構図よりは

それぞれが出来ることを試してみて
お互いの特性や失敗、成功を
楽しめるといいなと思う

と白猫ちゃんが言うと

そもそも年収が100万いかないから平気

と遮光式土偶は言った



kabu5.jpg


へぇ~
じゃ、生活保護受ければ
と、通りかかったきじ白ちゃんが言うと

何か、道に座っていると色々お供えしてもらえるから
平気
遮光式土偶は言った。




注意:計算はイメージです。
idecoやnisaのいいところは
手数料が安いインデックスファンドが基本であることだと思います。

一番恐ろしいのは、リスクを取りすぎることでしょう。
やるやらないは別として
家計が取れるリスクを考えることは
生活を数字で見直すときにはなかなか面白い考察です。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村




2018 / 07 / 24 ( Tue ) 09:14:54 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
自営業の積み立てnisaとideco!
最近、老後破産とか下流老人とか
色々プレッシャーをかけられている気がする

白猫ちゃんは悩んでいた

kabu10.jpg


インターネットの記事で
ご丁寧に老後の年金生活シミュレーションとかしてくれている

けどねぇ
基本、サラリーマンの厚生年金の計算ばっかしなの

自営業なんですけど
ひとり者じゃ満額で70万そこそこ
夫婦者でも140万程度なんだけど

物価上昇率なんか計算に入れて
100まで生きるとか脅されて
介護に金かかるとか言われて
老後に足りない金額を計算した日には

一億なきゃ足んないよ

自営業は定年が無いからって
死ぬまで働けるからいいじゃんって
それ、平均寿命が60歳とかだったころの話じゃん?


こんな異常気象で建設業なんかやってて
70過ぎて頑張れる気しねーよぅ

kabu6.jpg


と、白猫ちゃんがうだうだ考えていると


kabu.jpg

you株買っちゃえよ

ときじ白ちゃんが囁いた


idecoなら節税になるしな
youが年寄りでも積み立てnisaと併用すれば
くそ爺になってもidecoからnisaにかけ替えて
勝った分の税金払わないで運用できちゃうぜ
損した分は損益通算できないけど


kabu5.jpg

がしがし株買っちゃえよ


そう言われて白猫ちゃんは
年間の売上と経費を計算してみた

手取りが食っていくのにカツカツ位だったので

kabu11.jpg

僕にはちょっと、出来ません

というと

kabu12.jpg

税金に払ってる分をちょろっと回すつもりでやれよ

kabu13.jpg

満額掛けなくていいんだよ


子なしの独身なんてなんも控除されなくて
おまけに将来はよその子に食わせてもらうのかとか言われて
悲しくないのかよ

と全身で説得されたので
白猫ちゃんは
仮によその子供のために多めに税金を払ったとしても
じいさんになってよその子の税金で食わせてもらうならトントンかな
と思ったけれど
まぁ、自分の面倒くらい自分で見たいとつねづね願っていたので
とりあえず
口座を開くことにした

kabu14.jpg

単純な頭なんだから、計算しなくても分かるように
先進国と新興国くらいにしとけよ
半々にしときゃ計算しなくても
それぞれ同じ額になるようにすりゃいんだから

まだ稼いでるんだから
債券なんかいらねぇ
株だけで行け!

全世界にかけときゃ
資本主義が続いてりゃ
いつかあがらぁ
続かなけりゃ
カネなんか意味ないから気にすんな
ご近所付き合いと
家庭菜園やっとけ

先進国株と新興国株で最安値はemaxis slimだ
マネックスのidecoで扱ってる
ついでにマネックスは年金の受け取りを一時金と分割の併用が出来るんだ

nisaはな、一回買い付けたら配分もどすのにえれぇ大変だ
半々で買った先進国と新興国が7:3になっても
次の年、追加する金がなかったら放置するしかない
いらっとすんだろ?

だから無難にまぁ、全世界株にしとけ
どうせなら、ベンチマークがemaxis slimとは違う楽天VTだな

楽天VTはな
勝手にGDP比率で調整してんだ

どっかがコケたらその地域の買い付け分は減る
安い株を買い占めるわくわく感はないがな
そこはidecoでやれ

いまはな
先進国77.5
日本14
新興国8.5だかんな
あとはemaxis slimでバランス取れ

kabu15.jpg

分かったか


特定口座も上手く使いましょうなんて言われて
落ち込むなよ
特定口座に入れる金があったら
idecoどうしようなんで悩まねぇんだかんな

あとは車ぶっ壊れた時の金と
働けない時のための金と
いきなり入院した時の分くらいは
現ナマとっとけよ

取っといて、資産配分の計算から外すんだぞ

そういって
きじ白ちゃんは去っていった


なんとかとかんとかを半々にしろって言ったくせに
なんだかすごくややこしい
と白猫ちゃんは突っ込みたかったが
面倒なので勝手にやることにして

ありがとう
と背中に声をかけた


それから、年間の支出額の半分と
中古の車を買えるくらいのお金を計算し
nisaはいつでも下せるので
準備金や防衛費のうちの少しはnisaにお任せすることにして
あんまり金額が減ると困るので
emaxisslimの8資産均等を毎月100円買うことにした

それから、世界経済インデックスファンドを
三井住友アセットマネジメントのidecoで
最低掛け金の毎月5000円、積み立ててみることにした



こうして白猫ちゃんの投信生活が始まりましたとさ




来年のお年玉をジュニアnisaに突っ込んでみようと
画策していたきじ白ちゃんは
先に白猫ちゃんにemaxisslimと
楽天VTを買わせて様子を見ようと思っていたので
後でぶぅぶぅ文句を言ったとさ!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

2018 / 07 / 23 ( Mon ) 18:10:12 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
鮮やかに 柔らかに咲く
「おときさん、鰻食べる?」
来たよ、と声をかけると目を開き、
こそばゆいような笑みを浮かべた伯母に言った。
「鰻、遅くなったけど約束通り持ってきたぞ。」
おときさんは何やらごにょごにょつぶやく。
声を出そうにも強い痛み止めで力が出ないのだろう。
病魔に侵された体が、流石に鰻どころではなくなったらしい。
「食べらんない」と一言いえばいいものを、
こんな状況でも気を使って言い訳をしているらしい。
「ふんふん、そっか。」というと、また目を閉じた。

体の清拭をするのでと、看護婦さんにご退室を願われるまで
しばし寝顔を眺めていた。
病室から出て今度は窓の外を眺めていると、
休日に行ったコンサートの話をする看護婦さんたちの声が
静かな病室に活気を満たす。
背中に、清拭を終えた看護婦さんが
「薬が強くなったのでね。でも時々意識が戻ることもあるし。
今日はどうかなぁ。」と申し訳なさそうに言うので、
「大丈夫です、さっきも答えてくれたし。」というと安心したような顔になった。
不意打ちの優しさに動揺し病室に戻ると、
あちこち刺激されて覚醒したのか顔を掻いているおときさんの手を制止した。
「どう、すっきりした?」
おときさんは、氷、と呟いた。慌てて貰って来た氷と、吸い口の水を並べて
「お水もあるよ、お水と氷、どっちがいい?」
息しか漏れてこないような声でおときさんは
「みず」と呟いた。
吸い口をあてがうときゅう、と吸い込む。
この水が、発熱するおときさんの体を少しでも冷やしてくれることを願った。
飲み終えたおときさんが、顔を歪めて反り返る。
ベッドのアラームがピカピカし、看護婦さんが来て痛み止めを点滴に流した。
「すぐに効きますからね、ときこさん。」
二人きりになると言葉通り、穏やかになったその人の頭をなぜた。
この責任感の強い人は、人生でどれだけ人に甘えられただろうか。
「おときさん頑張ったね、こんなに頑張ってくれてありがとう。」
そういうと
「ようちゃん、あんたにいっぱいいっぱい貰ったよ。ありがとう。」
という。
なんかあげったっけ?手紙のこと?そう聞こうと思ったが
言葉の代わりに涙が、おときさんの枕元にぼとぼとと落ちた。
「こっちこそ、ありがとう。ほんとうにありがとう。大好きだよ。」
手の中でおときさんの細い指が私の指の間にゆるりと絡んだ。
おときさんは
ありがとう ありがとう ありがとうありがとう
と穏やかに、満たされた子供みたいに繰り返す。

ねぇ、大好きだよ
私は思いつく限りの人たちの顔を思い浮かべ代弁した
ありがとう 
おときさんはいう

それから数日後おときさんは自由になった。
生きる道を模索し続け、これでいいのかと自分に問い続けるような
苦しい人生を
鮮やかな
優しさと言う、理屈や統計では説明できない花を
育み続けた人生を去った。


higannnohana.jpg




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

2018 / 07 / 07 ( Sat ) 08:37:32 | 小文 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
ケッキョ ケッキョ
今朝、門番を送り出す時
ゴキブリが玄関に出没した

冷凍スプレーをかけると速度が落ち
身動きが取れなくなったところを
私に捕獲されてしまった。

このゴキブリの子供達も
昨日の私のように
「パパ、朝まで元気だったのに
朝ご飯食べに行って
死んじゃった」

と騒ぐのかな
なんて思い

それから門番を送った後
心の中の
父と共有していたスペースを
なんとなく漂っていた。

人は死期を悟るものなのだろうか
それとも
亡くなってしまった人を想うとき
心がことさら敏感に全てを拾い上げているだけなのか

最後に交わした会話は
私達がこれまで交わしたどんな会話より
お互いへの信頼と親しみに満ち
父の言葉は
私の戸惑いや迷いを払拭してくれるものだった。

あれがお別れの言葉なんだろうか
次はいつ会えるかと何度も聞き
会うにもお金が必要になるから
これから彫像を100体は創るんだ
一日一体創るんだと
空海ですかと言いたくなるような無謀なことを言っていた

死ぬ前に少しは私の事も
思い出したんだろうか
などと考えたとき


こんどは庭からけたたましく
けっきょ けっきょと鳴く声がした

庭の木の枝に鳥が来て
ひと騒動を起こし
ぴょうと
やっぱり鳴きながら去っていった


やれやれ
今日は生き物が色々来るな
と思った

お別れをいいにくるんだろうか
こうしてと

そうだとすると
ゴキブリの方は
敢え無く娘に握りつぶされて

いかにもパパらしい。

父が繰り広げたあまりにも下らないジョークの数々を
抜けるような笑い顔と共に思い返した。

Good by my fellow.
adios.
adiew.


kokage.jpg
「鳥なら俺が捕獲してやる」


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



2018 / 07 / 06 ( Fri ) 06:41:43 | 備忘録 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
子供達へ
人にはそれぞれ
役割があって
産まれるにはそれなりの理由があり

その役割を果たすまで
生きているのだ

ということ

理由なんかあろうがなかろうが
関係ないと思っていたけれど


mbrom.jpg


あるいは

役割は生きることで
存在そのものに意味があるのではないだろうか

mbrom1.jpg


それは
捕食して
排泄し
栄養を取り込み
養分を供給し

子孫を残し
命を搾取し

命のサイクルに嵌っているということだけでなく

mbrom2.jpg

そこに命がある
ということ
その命が無くなる
ということ

それがどうしょうもなく
大切なことなんじゃないだろうか


mbrom3.jpg



じゃない?




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


2018 / 07 / 05 ( Thu ) 18:30:06 | | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
人生を全うすること
一番目の父が亡くなった。

アメリカからの着信履歴を、父かな、と思いながら
英語をしゃべるのが億劫なのでなんとなくやり過ごしていると

メッセージが届いて携帯の待ち受けに表示された。

[Your dad is passd away this morning.]
お父さんが今朝亡くなりました。

父の奥さんから改めて着信があり
今朝、友達とお気に入りの店にパンケーキを食べに行った父は

パンケーキを待っている間に
なんだか調子が悪い
といい

そのまま
救急車で運ばれるも
逝ってしまったと教えて頂いた。


実のところ
先月伯母が亡くなったばかりである。

そのことを
父に話そうと思っていた。

そうしたら、父が死に
とっさに、このことを母に話そうと思い
母は死んだのだったと、思い直し

伯母に電話をしようとして
そうだ、伯母さんが死んだのを
父に話さなきゃと思った

堂々巡りである。



昨日だか一昨日だか
奇妙な夢をみた

自分がどこの誰だか良く分からない

私は誰の子供で
今誰と暮らしているのか
今いる場所がどこなのか

いくら考えても分からない

そうか
そんならもう
死んでもいいのかな
と思った

それから
猫たちのことを思い出し

黒猫ちゃんがいなくなったことを
思い出し

残ったこの子達に
きちんと付き合わなきゃいけないと思った

それから目が覚めて
毛むくじゃらを探そうとし
また寝てしまった。


朝、これは私の人生だ
と思った

どんなに大切な存在を失っても

大切な存在の一生が終わっても
私の人生はまだ終わらないのだ

当たり前のことだけど。

ああ、そうだった
まだ死ねないや
と思った。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

2018 / 07 / 05 ( Thu ) 17:53:51 | 備忘録 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
銀ちゃん、ググってみる
銀ちゃんは良い子なので
我が家の状況を考えめったなことでは
お父さんにお願いをしない子だ


けれど、最近お友達がよく話している
話しかけるとどんなお店も教えてくれる
すごい機械があると知り
おそるおそる
お父さんに聞いてみた


osakanayasan1.jpg
「それはお父さんのことだ」


なんでも聞きなさい
と、お父さんはいった


osakanayasan.jpg
「そう?・・・・じゃ、近くのお魚屋さん」



osakanayasan2.jpg
「まて 検索中だ」



osakanayasan3.jpg
「えい」




osakanayasan4.jpg


osakanayasan6.jpg



osakanayasan10.jpg
「・・・・・・。」


osakanayasan5.jpg
「きたきたきたきた」


osakanayasan7.jpg
「そこの角を曲がって3軒目だ」


osakanayasan9.jpg



簡単なことを聞いてあげて良かった、と思った
銀ちゃんだった。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村



2018 / 06 / 29 ( Fri ) 10:58:28 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
作品NO.10 リンゴ園
no10.jpg




祖父は母が2歳の頃に亡くなったという

母の5歳年上の伯母と
4歳年上の伯父と母とを
祖母はがむしゃらに働いて育てたのだろう

教師をし
教育委員会で指導員のようなこともし

戦争で未亡人になったしまった女性たちが
手に職をつけ生きてゆけるよう
羊毛を織ってマフラーやなにか
そういったものを作り、販売するホームスパンの会社もつくった

沢山の方々のお世話になり
ご迷惑もおかけし
やっていたことだろう

酒豪でタバコ吸いで
家に辿り着いた途端に玄関先で
倒れこむような人だった

私には本当に優しかった

けれども
特に伯母は
下に続く弟妹の面倒をみて
早くから一人前以上のことを期待され
そうとうに厳しく祖母に躾けられたようだ

そんな忙しい祖母に代わって
三人姉弟妹の母親代わりをしてくれていた
私には大叔母にあたる人は
リンゴ園に嫁いだ

リンゴ園に嫁いだといっても
もとからの農家ではなく
ご主人はどうも学者だった人のように記憶しているが
よくは覚えていない

もとからの農家でないので
夫婦して大分苦労したことだろうと思う
どういう経緯で大叔父がリンゴ園を始めたものやら
残念ながらいくら聞いても覚えていられないので分からない

それでも
やはり周りの農家の方々や
色々なお力添えで
リンゴ園は私が子供の頃には
広く、いい匂いのする楽園だった

ここに
アメリカから帰ったばかりの母と私と
最初の父は住まわせてもらったのだ


使わなくなったリンゴの小屋が
恐らく私が日本に来て初めて住んだ
住居だったのではないかと思う

子供の頃の事は
殆ど記憶にないが
やはり心地よい風景である


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

2018 / 06 / 28 ( Thu ) 22:53:20 | 花丘 游民の絵 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
作品NO.17 薔薇
no17.jpg


花瓶を載せている箱は
画材を入れる道具箱だった

子供の頃
いつも見ていたのでこうしてみると
とても懐かしい

母が学生の頃から使っていたものだろうか


私がまだ幼い頃に描かれた絵と思われる


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

2018 / 06 / 28 ( Thu ) 22:20:26 | 花丘 游民の絵 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。