生きるんだ
sya.jpg


暇だと思えたら
勝ちだ

自分を追い詰める奴に
勝ちたい

暇になれ
不安を否定しろ
それはただのマジックだ

私は人を貶めていないし
怠けていない

やるべきことをやっている

たったひとつ
いつも
お前は汚い
醜い
不要だ
異物だと
囁く奴に狂わされているだけだ

太陽は味方だ





にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2018 / 04 / 11 ( Wed ) 18:02:38 | これは、詩だ。 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
価値観
saig1.jpg
こんにちは きじ白が災害現場からレポです。





saig2.jpg
家吹っ飛んだんですか?

―・・・。


saig3.jpg
築何年?




saig4.jpg
まさか あの手作り竪穴式住居?


新築だっ


saig5.jpg
他の家平気だよ?




saig6.jpg
そよ風しか吹いてませんよね
え?トイレの穴しか残らなかったの?



saig7.jpg
彼はいま
もはや穴しかない竪穴式住居での生活を強いられています。



saig9.jpg
神はなぜ 彼につける薬を下さらないのでしょう






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2018 / 04 / 08 ( Sun ) 10:23:46 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
新学期
onaka.jpg

今日はちょっと・・・
おなかイタイ












にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2018 / 04 / 07 ( Sat ) 18:32:02 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
晴天

箱と遊び疲れて
銀ちゃんが眠りについた


そして 空が泣いている夢を見た



sora_201801051838362c1.jpg

目が覚めると お父さんに聞いた
「お父さん お空が
権利が無いから 消えなきゃいけないって泣いてたの
どうしたら もう誰も泣かずに済むの?」


お父さんがいった


「夕方までは大丈夫だ」


sora2_2018010518383730e.jpg


「夕方以降は傘をさせ。」




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2018 / 01 / 05 ( Fri ) 18:47:20 | 箱くん | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
僕と空の違い
箱が木に登った。
鳥がいるから登った。

銀ちゃんが木の下で箱に聞いた。
「掴まえられそう?」

totoi.jpg

箱が言った
「掴まえたいの?」
銀ちゃんが頷くと箱が聞いた
「なぜ?」
「だって面白いもの」

totoi2.jpg

「そう」箱は鳥を掴まえた
「お腹が減ったんじゃなくて?」
「減らないよ。だっておうちで食べたもの」
銀ちゃんが笑った

「君のことを掴まえようとしている奴がいるよ」
箱が銀ちゃんの後ろを指した
鳥が逃げた

totoi3.jpg

銀ちゃんが振り返ると そこには空しかなかった
箱が笑った
「実際のところ
僕らはいつだって明日を約束されてない
それを忘れちゃうのは人間だけだ」

「どうしてだろう?」
銀ちゃんが聞くと箱が言った
「空がなくなったら空を作ればいいと思うようになってしまったから
考えるのをやめたんだ」


totoi4.jpg


「空は権利があるから在るわけじゃない
でも人間は生きる権利があるから
生きていられると思ってる」

「権利って何」銀ちゃんが変な顔をした
「おまじないだよ。魔法の言葉。」
箱が言った

「僕は権利があるの?」
銀ちゃんが聞いた
箱は
「空と同じだよ」といった







にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2018 / 01 / 05 ( Fri ) 18:15:32 | 箱くん | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
おっ
a0.jpg

えいやさぁ




おっ



a01.jpg








にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2018 / 01 / 05 ( Fri ) 17:39:58 | 面白ねこ家族 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
るんるん猫ちゃんのきじ白ちゃん 学習する
かつて、白猫ちゃんのために
戸建てを探した僕の奥さん。
寂しそうにしていた白猫ちゃんに買ってあげたパウチに
AIきじ白ちゃんがオマケで(おっと!これをいうときじ白ちゃんは
とても傷つくんだ。)ついてきた。

きじ白ちゃんと白猫ちゃんはとても仲良しになった。

きじ白ちゃんはすごい速さで
いろいろな情報を学習している。


kakato1.jpg
白猫ちゃん:かかともだぞ
きじ白ちゃん:わかってら






僕の奥さんもきじ白ちゃんにメロメロだ。
今日も彼らに美味しい朝ご飯を
僕の弁当のおにぎりの
塩と砂糖を間違えながら
がんばって用意してあげている。

僕はそんな奥さんを見て
とても幸せだ。

朝食が出来ると奥さんが彼らの寝床に
呼びに行った。
僕もこっそりついていった。


僕の奥さん:おはよう!君たち。
よく眠れたかしら?朝ご飯ができたわよぉ!
今日はみんな大好きしゃけさんよ♡

kakato2.jpg
きじ白ちゃん:・・・・。




kakato40.jpg
きじ白ちゃん:すっこんでろ ババア
しろねこちゃん:おお よちよち 
脳下垂体の可愛いホルモンちゃんが バグをおこちてまちゅよぉ




どうやら白猫ちゃんはきじ白ちゃんの
可愛いホルモンちゃんたちを掌握しているらしい。






―――――――――






kakato4.jpg


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2017 / 12 / 31 ( Sun ) 11:17:41 | るんるん猫ちゃん | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
白猫ちゃんの夢
yume11_20171229164713d46.jpg
目が覚めた?
いつまでも子供だと思っていたけれど


yume12.jpg
オマエもおとなになったな


yume35.jpg
そんなおまえも―かわいいぜ


yume17.jpg



yume30.jpg
俺はおとこだ エロおやじ





―という夢を、僕の家の白猫ちゃんがみたと騒ぐので
僕は奥さんに相談した

僕:しろねこちゃん寂しいのかな?
奥さん:そうねぇ。このところふさぎ込んでるし。
そうだ!好物のパウチをたくさん買ってあげよっと


― 夜帰宅すると、パウチを大量に発注した奥さんが言った


奥さん:いっぱい買ったからおまけがつくんだって!
なにかしら?楽しみねぇ。



― 数日後荷物が届いた。


奥さん:きたきたきた!オマケはどこかな!?
僕:はやくはやく!しろねこちゃんが喜ぶぞ!






omake10.jpg
きじ白ちゃん:オマケ





店舗で販売するには育ちすぎたきじ白ちゃんが入っていた。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村




2017 / 12 / 29 ( Fri ) 17:44:32 | るんるん猫ちゃん | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
ツリーの天使

銀次 君は母ちゃんの宝もんですよ

どんな天使より
大切な天使たち


tiri-3.jpg
初めての木登りは 自分で降りられなかったね


turi-2.jpg
色んな降り方 出来るようになったよね
お尻から
あたまから
ひっくり返りながら
ずり落ちながら



turi-.jpg
もう こんな高いとこにもいけるんだね


きみをみると かあちゃんは
うまれてよかった
いきててよかったと おもいます

みんなありがとう
うまれてくれて



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
2017 / 12 / 22 ( Fri ) 07:32:48 | 面白家族写真館 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
ちょっと ごめんよ

曇っていたから、ソファーに寝転がった。
(散歩時間に誰も賛同しなかったのだ。)

このところみーこが(しま)甘ったれで
しょっちゅう側にいる。
側にいて、他に近づく者たちを威嚇するもので
一番被害を受けているのがぴの(しろ)だ。

夏だろうが安定の乗っかり頻度で
私の腹で寝ていられる
奇特な猫なのだ。

寝っ転がった時
みーこは冷蔵庫の上の籠に収まっていた。
ぴのがソファーに近づく気配がした。

見るとぴのが「いい?」という顔をしている。
「おいで」というと腹の上に納まった。

納まったのは良いが
晴れてきた。

晴れたのなら布団を干したい。
10分ほど様子を見て
そろそろいいかなと、ぴのをずらした。
ずらされると片手を伸ばして縋り付いてきた。

半分腹から落ちた状態で密着し
頑なにそこで寝ようとする。
ゴロゴロとまで言う。

引きはがして、ごめんよ。

布団を干して、納豆を買いに行って帰ってくると
陽のあたる羽根布団の上で
極上の顔をして寝ていた。

そんなもんさ




hanene.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


元野良猫・保護猫ランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

2017 / 12 / 21 ( Thu ) 11:38:29 | 瑣末な事件簿 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム | 次ページ